フラメンコに関すること、フェスティバル・デ・ヘレスに関することを書き散らしています。ヨロシクね。
2017年02月25日 (土) | 編集 |
■2017年2月24日 22:11

21:30ころ着いた。
友達と22:00に約束してたので
全力でホテルにチェックインしたのに
22:30ころピックアップされるながれです(汗)。
で、暇になっちゃったのでブログ。

2017年02月22日 (水) | 編集 |
治療を途中でぶっちして放置していた歯医者にいってきた。
仮フタをかぶせた状態で放置していたので
飛行機に乗って気圧の変化でパカンといっちゃうと笑ろえない(笑)。
センセってば、今日中にあるていど治療しちゃう気だったらしく
作業が粗い粗い。
神経さわってるってばっ。
ホントは土曜日にも治療するつもりで脳内段取りをつけていたみたいなんだけど
土曜日は踊る日だったから治療なしになり
3日でやる治療を2日でやっちゃう気満々でいつになく粗い(汗)。
麻酔効きにくいんだから、打ってすぐ治療は無理。
ま、スペインでなにかあったら困るから段落つけようとの親切心です。

麻酔が利いていて口が閉じないから、食べ物こぼれる(汗)。
ま、それ以前に3週間の渡西でとれないように固めの仮フタにしてもらった。
凝固に時間かかるから、しばらくは熱い飲み物もNG状態なんです。
でも、、、腹へった~。
この記事を書き終わるころには食べていいと思う。

とりあえず48時間前をきったので
飛行機のオンラインチェックインができます。
オンラインチェックインつっても
どーせチェックインカウンターでスーツケースをドロップするので
スタッフが端末に打ち込むパスポート番号の入力を省けるくらいで
大して時短になんかなんない。
ホントに時短になるのは、「自動荷物預け機」なんだよね。
計量器だか? に乗せて、例の帯状シールのタグを自分で貼っつけて
スーツケースをドロップする機械。
あれ、事前にパスポートと指紋の登録がいる。
調べたんだけど、事前登録は人力受付らしく、時間が早い。
スペインに日中に着くほーが便利だから夜便にしか乗らないんで
かなり早く空港にいって手続きして、時間を潰さないと登録が無理。
帰国のときに来年のためにやっておく手もあるよーでいて、、、
レッスンで疲れてるから、スペインを早朝に発つとか勘弁ねがいたく(笑)
ゆっくり帰国だから、帰国も夜。
もうぜったい、事前登録できないなりゆきでございます。
あ~あ、かったるいのぉ~。

とりあえずオンラインチェックイン時にシートブッキングも変更しておいた。
うまくいけば3列シートを一人で専有できるハズ。

2017年02月22日 (水) | 編集 |
母のスマホが壊れたらしい。
母は相手の声が聞こえてるのに、相手は聞こえないんだってさ。
マイクにお菓子のカスでも詰まってんじゃね?
ヨドバシのワイモショップに行ったら
修理じゃなく機種変をすすめられたそーだ。
修理してもどーせ高いから機種変でもいいんだけどね。

まぢかよ。
あたし、木曜の夕方すぎに家を出て日本を発つんですけど。
機種変とかやってる場合ちがうんですけど(汗)。
やりましたよ。

ワイモのオンラインショップをのぞいたら
わりと定期的にやってるアウトレットセールにアクオス・クリスタルが来てた。
その昔キムタクがCMやってた細額縁で、バッテリ保ちもいい
わりかし素敵なシャープの機種の、おそらく初期型。
↓コレ~。
アクオス・クリスタルY2
これが一括9,720円ででてた。
この金額なら割賦にする必要もないですわ。
ただし中古らしいんだけど。
でも、ワイモ公式オンラインショップのアウトレットなので問題なす。
機種変で注文を終えたところ。

ところでさ、新規契約じゃないのに契約事務手数料とるんだね(怒っ)!!
まぁ、安いキャリアだからそーゆーわかりにくいところで
ちまちま小遣い稼ぎしないとにっちもさっちもいかないんだろうけど
機種変で契約事務手数料(3,240円だけど)は、どんびきだわ。

なんか、あたしが発つまでに端末届いてしまいそうな気もするが
行ってしまっていたら行ってしまっていたで
端末の開通は妹にやってもらえるから安心。
まして今は同居してるんで、なんの心配もなす。
つか、
 バッテリをセットして
 旧端末からひっこぬいたSIMを新端末に刺しかえて
 PINコードをぶっこむ
それだけのことだ。
と、あたしも妹もなんの問題もなくできるわけだが
これができない人がけっこういるんだなぁ~。
もうちょっとがんばろうよ、日本人!
小学生でもできることだぞ。
だから世界でドン穴にちかいくらい生産性悪いって評価になっちゃうんだよ。

docomoのオンラインショップで機種変したときは
ショップ店員がやってくれるこの開通作業をぢぶんでやるから
機種変手数料の2100円(当時は消費税が5パーセントだった)をとられなかった。
オンラインで端末を取り寄せるやりかたをせず
ビックだのヨドバシだので端末を買って
店員に開通をやってもらうと2100円とられる。
世界じゃこんな簡単なお仕事はそもそも存在しないんですよ。
簡単だけどできない高齢者はもちろんいるので
ショップの店員が好意でやってくれます。
でも日本ではお仕事としてあるので、給料をもらっている人がいます。
これがGDPの上げ底なんじゃなかろうかと思うわけです。
あたしが死ぬまではもちそうだからいいけど
ウチの国、まぢ亡びると思う。



■追記 2017年2月22日 13:40
あ~、思い出しました。
母のドコモ端末をオンラインショップで取り寄せて機種変したときは
SIMサイズの変更も伴っていたから
SIMの切り替えもぢぶんでやったんだった。
旧SIMを休止にして
新しくきたmicroSIMをアクティブにするシステムはよくできていて
切り替えもすんなりできた。
こんなもんいい大人のする仕事とは思えません(きっぱり)。

2017年02月21日 (火) | 編集 |
24日昼12:45にマドリのバラハス空港に着くんだけど
そのあとのレンフェが、いいカンジの時間の列車がとれなくて
17:00発になっちまった(汗)。

バラハス空港からアトーチャ駅に移動しなくちゃいけないので
スーツケースを拾ってから移動するのに1時間半とか2時間。
タバコ吸ってからじゃないと動けないから(恥)
いっさい急がない流れで2時間みるとしてアトーチャ駅着が15:00頃。
2時間ありますなぁ。
もしや、SIMの契約できる?

へレス着が21:00すぎなので
へレスに着いてからはショップがやってないんですよ。
なのでマドリでSIMの契約ができたら好都合。
ついでにカルフールだかdiaだかわからないけど
スーパーマーケットに行ってホテルの部屋に常備する
 ジュース
 板チョコ
なんかも調達できてしまうと完璧。
カルフールはシエスタなくなったぽいんだけど、、、
Phonehouseはシエスタあるよなぁ、、、。
レイナ・ソフィア美術館って
アトーチャ駅から歩いても行ける美術館の近くにPhonehouseがあるのは確認した。
アトーチャ駅のコインロッカーの位置も確認した。
だが、シエスタに時間かぶってっぽい
スペイン人、働け~~(笑)。

ま、シエスタ明けのPhonehouseに行ったとしても
またぞろZONA(=ゾーン)がどったらこったら言われるかもしれなんだよなぁ。
なんでかわからないけど
ZONAがダメで契約をあきらめた経験が
バルセロナでもセビージャでもある。
セビージャとへレスなんておなじカディス県なのになんでだ?

2017年02月20日 (月) | 編集 |
アンダルーサ・ライブのログを流したくないだけど、、、
”ちゅか通販”の間がわるいのはどーにもなんないな。

木曜激早朝、つか水曜深夜(?)
に注文したモバイルバッテリが土曜に到着しました。

■日本式商習慣に合わせようという努力は評価する。
プチプチにくるまれたバッテリを、さらにチャック式パックに封入。
工場かなんかで封入しているようで
チャック式パックはチャックの上の切り欠きから破って開封する
的な、まっさら感満載でした。
過剰だと思うのでこんなんは真似せんでいいと思うし
日本はこの過剰を廃止して、低環境負荷に舵をきっている。
、、、ことになっているけど、ぜんぜんできてないような(汗)。

■なのに、袋の素材が粗悪なところがまだまだ(笑)。
温度管理的な
環境管理がずさんな倉庫で寝かせているあいだに変質したんだろうけど
チャックをあけて、品物を出そうとしたら
プチプチと袋がくっついている。
苦笑しながら商品を出したら袋が破けた(笑)。

■ちゃんとケーブルも同梱されたプチプチ袋入りのバッテリ君。
同封の取説は、予想に反して日本語でした!
こんな単純なものに取説なんて必要ないようでいて
充電完了のステータスがどれなのかは商品ごとにわりと違うので
取説は必要です。
中国語は日本語の漢字の知識をもってしてもあんがい読めませんが
たいがい英語は併記されているのでだいじょぶ。
まして日本語なので、母にあげるとしても安心。

■充電中~。
初回は8時間くらいみろ。だ、そーです。
さすが20,000mAh!! 長いぜ!

かように頑張っているけど
日本が過剰品質すぎるアホみたいな国なので
輸入品を買うといちいち至りません。
たとえ日本のショッピングサイトに出店しているショップであろうと
輸入品は輸入品です。
それが商品に対する信頼感を薄れさせることになるのだろうし
じっさい、品質に対する感覚がかなりアバウトなのは確かなので
判断としては正しいかとも思います。
ただ、10年使う白物家電とか
命を預ける車なら気にしたほうがいいけど
この手の消耗品にまでジャパン品質は必要ありません。
油断しすぎると
買ったとたんからまったく機能しないゴミを手にすることもありますが
さすがの中国、韓国も、そこまで酷いモノは作らなくなってきたので
あんがい手を出しやすいです。
あとまちがっちゃいけないのが、台湾製。
台湾は、そーゆー意味でも中国じゃありません。
モノ作りも品質管理も世界標準レベルです。

ちなみに、「ローズゴールド」を注文したけど、ピンクが来ました。
このくらい”ちゅか通販”では日常茶飯事。
時間がないから返品、交換はしません。



■2月20日 14:00追記。
モバイルバッテリ
7:30頃~13:00へんに充電終了。
あたりまえだけど多少は充電されていたみたいです。
倉庫で保管するのに、リチウムバッテリは満充電も完全放電もヤバいからね。
リチウムイオンバッテリとリチウムポリマーバッテリの違いがわからないんだけど
ま、そのへんは一緒でしょ。
あとで調べてみなくちゃな~。

これもリチウムイオンバッテリの知識なんで
リチウムポリマーバッテリにはあてはまらないかもしれないけど
リチウムイオンバッテリだと
充放電を何度か繰り返すという、”慣らし”なる手間をかけると
パフォーマンスがでるようになるので
さっそくスマホに充電させて、バッテリ減らしにとりかかっています。

あたしの5.5インチ”ちゅかホ”と大きさを比較するとこんなカンジ。
アイポン7だか6だか知らないケド
大画面化してデカさかげんが賛否両論のアイポンと比較してもこんなもんかと。
重量はそれなりにあります。
中身ほぼ金属と思えば許容できる重量かと。
もちろんスマホよりはるかに重いです。
外付けバッテリは軽く作ることは無理です。

んじゃ、美容院に行って髪切ってきます。
毛先が切りそろってしまうと、まとめ髪をするとき始末に手間かかるんで
一昨日のショーがおわるまで
毛先の痩せた貧乏ヘアですごしてみた(笑)。
美容院は暇なんでお供がないとキツいから
腹減り”ちゅかホ”にバッテリをつないだまま行ってきま~す。